あなたと彼との相性を名前でこっそり占ってみる?

二人の相性って良いのかな、今日の二人の運勢はなにかなと思うことがあると思います。

そんな時には占いにもピッタリな姓名判断で相性を診断すると良いでしょう。

姓名判断はお相手の性格も占うことができます。性格が合わなければ結婚しても上手くはいきません。

姓名判断とは五格と運格の画数で占う方法です。

五格とは、天格・人格・地格・外格・総格の5つの事を指し、一つ一つの格で性格を見ていくことができます。

天格は姓(苗字)、人格は姓と名の接続部の和、地格は名、外格は総格(合計画数)から人格数を引いた数、総格は姓と名の画数を足した数で占います。

名前の格の全てを支えているので、できれば総格は20画以上が望ましいと言われています。

それぞれの格でどんな運が見れるのかを見ていきましょう。

天格は先祖から与えられた運となっています。人格は性格・才能・家庭運で、20代〜40、50代までの運勢を強く支配しています。

地格は名前そのものを支配しており、0〜20代に強く影響を与えます。健康運・友人運・家庭運など、基礎となる運となります。

外格は、人格を補う運で、周囲の環境や人間関係に作用します。総格は、才能・性格・外的な要素・健康性格のすべてを総合したもので、一生を通じて影響する重要な格となっています。

結婚して苗字が変われば結果も変わる

今の苗字と結婚した後の苗字とで、運勢がかわってくる格も出てきます。

今はとても良い運勢なのに、結婚すると悪い運勢で、良いことがあまりないなんてことになってしまう場合も…

そうならないためにも、自分が彼の苗字に変わったときの姓名判断もするようにしましょう。

一番変わってくる部分は苗字が関わる天格です。

良い場合は特に気にしないと思うのですが、万が一悪い場合は気にしてしまうと思います。

ですが天格は地格でカバーすることができるのでさほど気にしなくても大丈夫です。

子どもの名づけは慎重に

名前は一度つけてしまうと早々変えることはできません。

姓名判断をせずにつけてしまい、良くない運勢がずっとついてきてしまう、そんなことにならないように

将来生まれてくる子供の名前を付けるときもしっかりと姓名判断をしてあげるようにしましょう。

決して「かわいいから」、「ひびきがいいから」とそっちを優先してしまわないようにしてください。

生まれてくる子供の運勢を良いものにできるのは、両親だけです。

とはいってもすべての画数がパーフェクトなんてことにするのはとても難しいものです。

そういう時は姓名判断の格の中でも優先すべき格を見ていきましょう。

それは人格と総格です。なぜなら、この2つが人生の全体的な運を占めているからです。

この2つが凶になってしまうような名前を子供につけないように注意しましょう。