運勢を詳しく占いたいなら星座と血液型の組み合わせ!

占星術の中でももっと詳細に占いをしたいという人には、星座と血液型を使った相性占いがおすすめです。

自分が他の人からどんなふうに見られているか、だれと相性が良いのか、気になる人との相性や気になる人の性格も占うことができます。

12星座と血液型の組み合わせは全部で48通りあります。そのため星座占い、血液型占いのような一つずつの占いより、詳細に性格や相性を占うことができるのです。

また12星座はエレメントという火、土、風、水の4つの元素にグループ分けをしたものもあります。

火のエレメントに属しているのは『おひつじ座・しし座・いて座』で、土のエレメントに属しているのは『おうし座・おとめ座・やぎ座』です。

風のエレメントに属しているのは『ふたご座・てんびん座・みずがめ座』。水のエレメントは『かに座・しし座・うお座』です。

これらを参考にして相手の喜ぶポイントや本質を見抜くために活用してみても良さそうです。

占星術で最適なアプローチ方法も分かる

占星術と聞くと、性格だったり相性だけを占うものだと思いがちですが、実は性格や相性以外にもわかることがあります。

A型の牡羊座、B型の牡羊座、O型の牡羊座、AB型の牡羊座など星座と血液型別で恋愛傾向や、今後のアプローチ方法まで占うことができます。

恋愛の傾向を知ることができれば、上手くアプローチの対策を立てることもできるし、どんなアタック方法が効くのかも分かるので

効果的に気になっているお相手にぴったりな方法を勉強して、相手の心をわしづかみにしましょう。

恋に悩んだのならまず占いで気持ちを落ち着かせてあげましょう。

42通りじゃ足りない!というなら干支も+しよう

星座と血液型の42通りだけでは足りない、もっと詳しい情報が知りたい、そんな人には、星座と血液型と干支で占うことのできる占いもあるので試してみましょう。

星座と血液型と干支で占いをすると全部で576通りあり、最近では576通りの順位も毎年出ているので、ランキングをチェックするのもおすすめです。

42通りの占いだけでは物足りなかった、もっと他の内容も知りたかった、そんな時にこの占いで内容をプラスして考えてあげると良いですよ。

ちなみにそんな風に組み合わせがされているかというと、A型のおうし座でねずみ年、A型の牡羊座でひつじ年、のように組み合わされています。

ぜひ自分の組み合わせと、お相手の組み合わせで相性を確認するために活用してみてください。きっと今後の二人のために必要な内容を知ることができることでしょう。