彼がひた隠しにしている二面性には要注意

裏表のある人、という言葉がありますが、実は、みんな状況に応じて顔を使い分けています。

例えば、家に一人で居るときの顔と会社での顔は誰しも違うことでしょう。

普段一緒にいる彼の二面性をよく観察すると、お付き合いのヒントが見えてくるかもしれません。

最近言われるようになったモラハラ(モラルハラスメント)も二面性の一つで、最初は優しい彼だったのに

お付き合いが始まると、相手の尊厳を傷つけるような攻撃的な態度をあらわにします。

外向きにはとても温厚な人が多いので、その状況はなかなか表面化しない事が多い様です。

誰もがペルソナを持っている

顔の使い分けは誰でもしているものです。

このような外向けの表面的な人格のことを心理学用語でペルソナといいます。

ペルソナが常識的なレベルですと正常ですが、中には障害と呼べるほど裏表のある人がいます。

単に暗いだけではなく、あまりにも妄想性があり、行動や話し方、感情表現に奇妙さがある人は、人格障害を疑ってみても良いかもしれません。

人は、耐え難い経験から自分を切り離して、自分を守ろうとすることがあります。

「解離性障害」と言い、記憶の中からその経験を消し去ったり、自分のことではないと蓋をして思い出せなくしたりする自己防衛の手段の一つです。

この症状が重くなると多重人格障害という治療の必要な障害となることもあります。

多重人格までは行かなくても、自分に自信がない男性は、女性より優位に立とうとして、二面性を表すことがあります。

日常生活でも裏の性格は垣間見える

彼の二面性を見抜く方法は、いくつかあります。例えば車の運転はどうでしょうか。

普段は温厚で優しい人ですが、ハンドルを握ると人が違ってくる、というのは良く聞く話です。

運転が荒いと、彼の普段は押し殺している、荒っぽい人格を内面に持っているかもしれません。

又、身内の人にはみんな「素」の状態になるものです。

彼の両親への態度も重要な要素のひとつです。

両親に対して邪険な態度をするようであれば、あなたとも親しい関係になると、わがままが出てくるかもしれません。

店員への態度も参考になります。二人でデートしている時の彼の店員に対する態度を良く観察してみましょう。

お客様として店を使うとき、その人の品格が現れるとも言われているのです。

SNSでの振る舞いも、重要です。普段は温厚で丁寧なのに、メールになった途端に言葉使いが雑になったり

無記名の投稿に人の悪口や批判を書き込んだり、相手が分からないから安心して行動しているのでしょうか。

あなたには優しくしていても、他の人に異様に厳しい態度を取るような人は要注意です。

深い関係になってから、彼が豹変する可能性があります。

彼の二面性を見抜いた上で、上手に対処して行けるといいですね。