終わらない略奪愛の魔の手から抜け出す方法

人は相手の事を好きになる時に、脳内にドーパミンという快感が放出されます。しかしドーパミンだけでは、恋愛の好きにはなりません。

恋愛の好きになるには、不安定な状態を作り出す、フェニールエチルアミンが必要です。つまり、安定と不安の両方がある事で恋愛感情を引き起こしています。

恋愛は、恋愛初期の恋する気持ちからホルモンの分泌が始まり、ホルモンの分泌は3年で止まると言われています。3年で恋から愛に変えていく事ができない場合は別れが訪れる可能性が高いということです。

しかし、不倫は、常に相手に伴侶がいる状態な為に、報われない可能性が高く、バレるかも知れない、この関係がいつ終わりを迎えるのか結末が分からないという、恐怖と隣り合わせの状態です。

不倫をしていると、本来ならば相手とお付き合いする事で安心感から減っていくはずの恋愛ホルモンの過剰分泌の状態が続いて行きます。

なので、不倫をやめたいと思いつつも相手にどっぷりはまってしまう関係が長期間作り上げられてしまうのです。

「妻とは別れるから」は信用するな!

「妻と別れるから結婚しよう」という不倫をしている既婚男性の常套句です。しかし、実際に不倫から略奪結婚をする可能性は少ないと言われています。

これは、男性が家庭と不倫を分けて考える事ができる性質を持っているからです。

家庭とは男性にとっての世間的なステータス。家庭を持つ事で余裕が生まれ、男性としての魅力が上がり、魅力的に映る場合が多数あります。

不倫は、家庭では満たす事のできない男の性を満たす事になり、自分の男としての自信にも繋がります。

女性は、体の関係を持つとその人しか見えなくなる傾向が高いですが、男性は昔から狩りをしてきましたので、子孫を残す生殖本能が強く備わっています。

「いつか奥さんと別れてくれるかも知れない」という女性との思いとは裏腹に、結局男性は元の家庭を捨てられずに関係が続いていきます。

また、不倫を続けていても陰の存在になり続ける可能性が高く、幸せになれることは難しいと言われています。

他の男性に目を向けるために合コンに参加しよう

脳内のホルモンが出続けている限りは不倫の状態から抜け出す事は難しいでしょう。

不倫をやめるためには、不倫している相手と会えないような状況を作る事が必要です。会っている間は、ホルモンが出てしまう為に、客観的に自分の事を見る事が難しいのです。

今の状態から抜け出す為には、不倫相手を超えるような相手に出会えるように、合コンなどで他の男性と会ってみる事も効果的です。

女性は昔から家庭を守る事が本能で備わっている為に、一人の人しか見えなくなる傾向がありますので、他の男性に対して恋愛ホルモンが出る事で、不倫相手から離れられる可能性が高まります。

また、趣味に時間を費やすなどの自分の時間を積極的に作る事も、出会いのチャンスに繋がりますので、効果的です。