別れた彼と復縁するための鉄板の方法とは?

大好きな相手との別れは大変つらいですよね?

恋人への気持ちが強い人ほど復縁時に焦ってしまい、ミスをしがちなので注意が必要です。復縁は簡単にできる可能性は低く、根気と時間が必要になる事が多いのです。

ただでさえ大変な事に挑もうとしているのに、最初にミスをしてしまうと、復縁が絶望的になりますので、正しい第一歩を知る事が大切になります。

復縁への第一歩は、冷却期間を設ける事です。

そして、冷却期間後に、いきなり彼女になりたいと告白をするのではなく、まずは友達を目指す事が成功の鍵。

友達として相手の相談を聞いていたり、楽しい時間を過ごしている間に、やっぱりこの子じゃないとダメだなと男性に思わせる事で復縁できる可能性が高くなります。

その為にも、冷却時間を自分の磨く時間として捉え、ファッション、メイク、内面を見つめるなど、冷却期間を有効に過ごしていると、冷却期間が明けた頃には素敵なあなたに惚れ直す可能性がアップするでしょう。

相手に何度も連絡するのはNG!

好きな相手との復縁を目指す時に、一番やってはいけないのが別れた相手に何度も連絡することです。

相手は理由があって別れを決意しています。そして、別れてしまった今では気持ちが冷めてしまっている可能性もあるでしょう。

そんな状態の相手に、別れた後に頻繁に連絡をする事で重い女だと思われ、気持ちが更に離れてしまう可能性があります。

最悪の場合、着信拒否などをされてしまい、復縁が絶望的になってしまう可能性があるので、何度も連絡をする事は控えたほうがいいでしょう。

別れて一か月は冷却期間を設ける事で、相手は冷静にあなたをみる事が出来ます。寂しさからあなたの存在の大きさに気がつく可能性もありますので、復縁に向けて具体的に動きだすのはそれからでも遅くはありません。

冷却期間に『本当の』別れの原因を探ろう

冷却期間は自分を磨くチャンスであると同時に別れの原因を探る絶好の機会でもあります。

「なんで別れを切り出されたのか?」を分析することで復縁の可能性がグンとアップするのです。

別れの原因には彼が女性に求める条件、つまり、『どうすれば彼から愛されるオンナになれるのか』の答えが詰まっています。

しかし、男性は相手を傷つけない為であったり、自分の保身のためであったりと、理由は様々ですが別れの原因を正直に伝えない傾向があります。

彼があなたに告げた別れの理由はあくまでも『建前』で、本音は全く別である可能性があるのです。

別れた原因を分析し、自分と向き合うことはとても辛い作業でもありますが、この作業をしっかりとこなせなければ冷却期間の
自分磨きも徒労に終わってしまいます。

いつから元彼の態度が変化していったのか?彼に甘えすぎたのか?ダメ出しをしすぎたのか?などと自分の改善点を探る事で、復縁の成功の確率を飛躍的に上げましょう。