こんな人は要注意!不倫にハマりやすい人の特徴

好きになる人にはいつも相手がいる。既婚者からばかり言い寄られる。という人は、不倫体質かもしれません。

若い時期にしてしまった不倫であれば、まだ再出発ができる可能性もありますが、それが何度も重なって、ついには適齢期に達していても、まだお相手とは不倫関係という事になると、それはまさしく不倫体質。

妻帯者とお付き合いしていては遊びのつもりであっても、折角の結婚のチャンスを逃してしまいます。

「気が付けばまた不倫」という人は、態度やしぐさに隙があり、お人よしな所がにじみ出ているのかもしれません。

自分に自信がないために、つい相手の意見に流されてしまう傾向にある人、優柔不断で我慢が苦手な人も要注意です。

頑張り屋ほど不倫にハマりやすい

不倫をしてしまう人の多くに共通しているのが「押しに弱い」「強がり」「尽くすタイプ」という3点です。

普段は強がりで、キャリアを積んで仕事に打ち込んでいますが、どこか寂しさを感じています。そんなところに、相手からぐいぐい迫られると、断れないという、押しに弱い所もあるのです。

また、尽くすタイプですので、相手の奥さんに遠慮したり、日陰の女に徹してみたり、そんな自分を美化して見ている可能性があります。

相手との浮気関係は、因果応報で自分にも必ず帰ってきます。

妻帯者とは知らずにお付き合いして、すっかり恋愛にはまった頃に実は妻帯者であったことが発覚、それでも、そのままズルズルと関係を続けてしまう場合もあるでしょう。後で後悔しても遅いのです。

深いお付き合いになる前に、相手の事を良く知っておくことも重要です。妻帯者との関係は、必ず他にも悲しんだり傷ついたりする人がいるという事に気が付くことが大切です。

一人を楽しめる大人になって不倫から卒業

不倫体質の人は、寂しさから不倫に走る人が多いので、一人で充実した時間を過ごせるようになることが改善法です。

不倫体質を改善するのに最も大切な事は、「自分自身を愛し、自分を大切にすること」です。不倫体質の人は、「でも・・・」とネガティブな考え方をすることが多くあります。

不倫相手の事を考えたり、時間を持て余してしまう時は、趣味や習い事など、何か打ち込めるものを見つけて、スキルアップを図りましょう。

自分に自信を持つことができれば、少しずつ自分を愛する事ができるようになります。ヨガやフィットネスなどに通うのも良いかもしれません。

自分の体を鍛える事で、スタイルをキープできますし、汗を流すことはストレスの発散にも良いので、依存状態になることを避ける事ができます。

不倫相手に迫られても冷静に判断する事ができるようになるでしょう。自分に自信を持つことができれば、ネガティブな思考の癖も改善され、きっぱりと関係を断る勇気を持つことができるかもしれません。